矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

歯並びやかみ合わせが乱れている方、そして歯並びによる口内のトラブルが心配な方、口元の印象にお悩みがある方に向けた治療を行っているのが矯正歯科です。以前は一般歯科や小児歯科で通っていただく方がほとんどでしたが、現在は見た目と機能面を兼ね備えた治療や処置をご希望される方の割合がかなり高くなってきています。最近は特に歯並びに関するご相談を患者様から受けることが増えてきており、小児矯正や成人の方の矯正治療をご希望される方が多くなってきています。
歯並びが整った美しい口元は、見た目だけでなく健康にも大きく貢献し、自信や明るさにもつながります。当院では幼いお子様から成人の方まで幅広い年代の矯正治療を行っており、目立たない矯正のための装置もいろいろご用意しています。

お子様の矯正

お子様の矯正顎の成長している時期に歯列矯正が可能な小児矯正は、最も効率よく効果を得ることができる矯正治療です。歯がきれいに並ぶように顎の成長をうまくコントロールできるからです。また、歯は小さな力でも常にかかっていると少しずつ動きます。骨のやわらかい子どもの時期は矯正治療の効果が出やすいのです。そのため成人矯正に比べて負担も少なくなっています。
成長して親知らずが出てきてからせっかく整えた歯並びを乱す可能性がある場合には、親知らずの抜歯が必要になることもあります。

小児矯正をはじめるタイミング

お子様の顎や歯の状態により、小児矯正をはじめるベストタイミングは大きく異なります。小児矯正は、乳歯と永久歯が混合した時期に行う第1期治療、そして永久歯が生えそろってから行う第2期治療があります。第1期治療では永久歯が生えるためのスペース作りという土台を整える治療を行い、生えてくる永久歯がきれいに並ぶように導きます。第2期治療では歯列の矯正を行います。第1期治療のみで歯並びがきれいに整うケースもありますが、通常は両方を行います。第2期治療のみを行うことはできず、その場合は年齢にかかわらず成人矯正を受けていただくことになります。

大人の矯正

大人でも歯並びにお悩みがある場合には矯正治療が可能です。成人矯正は、子どもの頃に矯正治療をしなかった方、途中であきらめてしまった方、大人になってから歯並びが乱れてきた方のために行います。顎の成長が止まっているため、歯を移動させる治療を中心に行い、抜歯が必要になるケースもあります。

マウスピース矯正(インビザライン)

インビザラインインビザラインでは、マウスピース型の歯列矯正装置「アライナー」を使用して矯正治療を行います。段階に合わせて違った形に作られたアライナーを装着して継続的に力を歯にかけることで、理想の位置まで無理なく少しずつ歯を動かすため、痛みも最小限に抑えられます。
アライナーは1日20時間以上の装着が必要ですが、ご自分で簡単に取り外すことができますので食事や歯磨きを普段通りに行うことができます。またアライナーは1~2週間ごとに交換するため、衛生面でも優れています。

透明で薄く目立ちません

インビザラインのアライナーはとても薄くて透明なプラスチックでできています。そのため普通の会話では相手に矯正治療を受けていることをほとんど気付かれることがなく、発音に影響することもありません。

ご自分で簡単に取り外しできます

食事や歯磨きは外して行えるため、食事を普段通りに楽しめますし、口内の衛生を保ちやすく、虫歯リスクを抑えることができます。

通院頻度を低くできます

治療中の通院頻度は、1ヶ月半~3ヶ月に1度程度です。通常の矯正治療に比べて通院回数が少なくてすむため、お忙しい方にも向いています。ワイヤーやブラケットの治療では装置によって口の中が傷付くこともありますが、そうしたトラブルもありません。

クリアブラケット

クリアブラケットは、歯に装着するブラケットが透明なプラスチックでできているため歯の色になじみ、装置が目立ちません。低摩擦ですから弱い力を伝えることができ、痛みが少ない治療が可能です。また、歯をスムーズに、そして早く動かすことができます。

セラミックブラケット

これまでは金属製だったブラケットが白いセラミックでできているためほとんど目立ちません。セラミックは汚れや傷が付きにくい素材ですから、衛生を保つためにも優れており、匂いの発生源にもなりません。

MEAW法

「MEAW法」は三次元的に歯を動かすことで抜歯を可能な限り防ぐ矯正治療です。これまで抜歯が必要とされたケースでも歯を抜かずに治療することが可能になります。歯が並びきるスペースがない場合、従来は小臼歯を抜歯することで歯並びを整えていましたが、小臼歯は上手に力を分散させて特定の部分に大きな負担をかけないという役割を持っているため、抜いてしまうとトラブルを起こす原因になる可能性があります。
すべての歯がきれいに並ぶよう顎を広げながら1本ずつ前後左右にゆっくり、的確に動かせるため、治療期間も短くなります。

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)

通常のワイヤー矯正に加え、歯を動かすための固定源として矯正用のインプラントを一時的に埋入する方法です。固定源があるため、歯を的確に無駄なく動かすことができ、スピーディな治療が可能です。埋入するインプラントは生体親和性が高く金属アレルギーをほとんど起こさないチタン製で、矯正治療終了後には除去します。

部分矯正

前歯の間に隙間がある、前歯の歯並びが少しだけ乱れているといった場合に可能なのが部分矯正です。前歯の1~数本の歯並びだけ整えるため、かみ合わせに問題がないことが条件になります。
歯並びを含め、口元の印象のほとんどは前歯で決まります。状態によっては全体を矯正しないとなおせないこともありますが、部分矯正で治療が可能であれば時間的・経済的な負担の軽い治療が可能になります。

子どもの矯正(小児矯正)

床矯正

小児矯正子どもの歯並びがデコボコしている叢生を治療するためによく使われる治療法です。取り外しできる装置を用いて歯を徐々に広げていきます。装置にはネジがあって、これによって適切に広げながら使っていきます。
歯の並ぶスペースを作るために行いますが、顎が小さいままデコボコを無理に矯正してしまうと歯が外側を向いて出っ歯や口元がふくらんでモッサリした印象になってしまいます。
床矯正だけで歯がきれいに並ぶケースもありますが、重要なのはお子様の顎や歯の状態に合わせた適切な治療を受けることです。しっかり相談して、お子様に負担が少なく、きれいな歯並びを実現できる矯正治療を受けてください。

MFT(口腔筋機能療法)

口元や舌、歯などに関わる癖は、歯並びを大きく乱す原因になります。指しゃぶりや爪噛み、ほおづえ、唇を噛む、そして普段どの場所に舌を置いているかなどもこうした癖に含まれます。MFTは口腔筋機能療法のことで、口や歯、舌などの癖改善に有効な「口周りの筋肉のトレーニング」を行っていきます。舌や口周辺の筋肉が正しく動いて正常な位置にあることで、歯は自然と正しい位置に誘導されます。MFTのトレーニングは、正しい舌の動きやお口の筋肉の動きができるように働きかけるメソッドです。お子さまの口元に関する癖が気になりましたらできるだけ早めにご相談ください。

矯正治療の流れ

口内の状態によりますが、矯正治療は長期にわたって行っていくことがあります。特にお子様の矯正治療では土台作りの第1期、歯並びを整える第2期治療があり、経過観察期間も含めるとかなりの長期になる可能性があります。ドクターとしっかり相談して、最適な治療を受けるとともに、日ごろのケアもしっかり行っていくようにしてください。

Step1カウンセリング

患者様のご希望をうかがった上で、現在の状態をわかりやすくお伝えし、適切な治療方法についてくわしくご説明しています。治療期間や費用などについてもきちんとご案内しています。

Step2精密検査

矯正治療をはじめる前に、レントゲン写真、歯型の採取などを行います。

Step3診査・診断

検査結果をもとに診断し、必要な治療について患者様にご説明していきます。その上で、患者様のご希望をうかがいながら最終的な治療計画をいっしょに立てていきます。

Step4治療開始

矯正治療がスタートします。通常の来院頻度は3~4週間間隔です。装置を付けるため虫歯予防がいつもより重要になってきますので、ホームケアのブラッシング指導なども行っていきます。

Step5矯正終了・保定

予定の位置にすべての歯が動いたら装置を外します。そのままでは歯の位置が元に戻ってしまうため、保定装置を1~2年装着してそれを防ぎます。

Step6経過観察とメインテナンス

歯並びの整った良い状態を長持ちさせるために、年に~2回の歯科検診で経過観察を受けます。これにより、虫歯や歯周病の予防管理もできます。

上記の流れは一般的な例であり、ケースによっては治療の流れが大きく異なります。