インプラント治療

インプラントとは

インプラント歯を失ってしまった場合、できるだけ早くその欠損を補う必要があり、入れ歯、ブリッジ、インプラントという治療の選択肢があります。インプラント治療は天然歯に最も近い機能を取り戻すことができますし、とても自然な見た目を回復することができて残された天然歯に負担をかけることがないなど、数多くのメリットがあるためご希望される患者様が増えてきています。
インプラント治療では、欠損した部分にチタンでできた人工歯根であるインプラント体を埋入し、それを土台にして上部に人工歯を取り付けます。人工歯根はあごの骨にしっかり固定されるため、硬い食べ物などもしっかり噛むことができて食事の楽しみを損ないません。
ただし、インプラント治療は抜歯程度の外科手術が必要になるなどのデメリットがありますし、入れ歯やブリッジにも保険適用可能で治療期間が比較的短いなどのメリットがあります。そこで、それぞれのメリットやデメリットをしっかり理解した上で、ご自分い合った治療法を選ぶことが重要です。将来的にもご満足いただける治療法をお選びいただくため、当院では費用な治療期間も含め、それぞれの治療法についてくわしくお伝えしています。

インプラント治療と他の治療法について

インプラント

インプラント人工歯根をあごの骨に固定して、その上に人工歯を装着します。

メリット

  • なんでもしっかり噛むことができる
  • 余計なものがないので異物感や違和感が少ない
  • 残された歯に負担をかけない

デメリット

  • 外科手術が必要
  • 保険適用されないので治療費用が高額になる
  • 治療期間が長くかかる

ブリッジ

ブリッジ両隣の歯を削ってそこを土台に橋渡しするように人工歯を固定します。

メリット

  • インプラントに次いでしっかり噛める
  • 余計なものがないので異物感や違和感が少ない
  • 保険適用可能なものは安価に作れる
  • 比較的短期間に治療が終了する

デメリット

  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 保険適用の場合、銀歯など見た目が悪い
  • 歯肉との間に隙間があるため、食べカスがたまりやすい

入れ歯

入れ歯人工の歯と歯肉でできていて、取り外すことが可能です。
部分入れ歯の場合、多くは金属のバネを隣の歯にかけて固定します。

メリット

  • 取り外しできるため、清潔を保ちやすい
  • 比較的短期間に治療が終了する
  • 保険適用可能なものは安価に作れる
  • 調整や修理が簡単にできる

デメリット

  • バネをかける歯に負担がかかる
  • 噛む力が弱く、あまりよく噛めない
  • 人工歯肉やバネなどがあるため異物感や違和感を生じやすい
  • ズレなどが起こりやすく、こまめに調整しないと痛みを生じやすい
  • バネが目立って入れ歯であることがわかりやすい
  • 明瞭な発音ができなくなることがある

当院のインプラント治療の特徴

歯科用CTを使い正確な診断のうえ治療を行います。

インプラント治療では、人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨の状態は患者様によって大きく変わりますので、その状態を正確に把握することが安全な治療には必要です。従来のレントゲンに比べてより正確で詳細な情報を確認できる歯科用CT検査は、インプラント治療に不可欠です。当院では3D診断が可能な歯科用CTを導入して精密な検査を行い、正確なデータをもとに治療を行って安全性を高めています。