詰め物・被せ物

詰め物・被せ物(審美歯科)

詰め物・被せ物(審美歯科)審美歯科は見た目の自然な美しさと健康でよく噛める機能を実現するための総合的な歯科治療です。人の印象は目と口元で大きく変わります。目の表情は意思や感情を伝えますが、口元はライフスタイルや考え方を伝えやすい部分です。白くきれいで歯並びの整った口元は、清潔感や信頼感につながります。
審美歯科では、歯の形や大きさ、歯並び、歯や歯ぐきの色、食事や会話のしにくさなど口元に関するお悩みを幅広く解決し、美と健康のバランスが取れた口元を実現する治療を行っています。また、優れた素材を使ってより精密な治療が可能ですから、虫歯や歯周病の予防にも審美歯科は役立ちます。

当院の補綴物の種類

当院の補綴物の種類補綴物は、虫歯などの治療で削った部分を補うための被せ物などのことです。素材には金属やプラスチック、セラミックなどがあり、一部の素材は保険適用されますが、それ以外は保健適用外になります。
見た目だけでなく、審美歯科で補綴物の素材を選ぶ際には歯ぐきや残された歯への影響や適合をしっかり確認する必要があります。当院では患者様が治療後も長くご満足いただける素材や治療法をご提案していますので、ご相談ください。

詰め物・被せ物の種類

コンポジットレジン(保険適用)

コンポジットレジンは、歯科用プラスチックとセラミックを混ぜた素材で、削った部分に詰める治療で使われます。これまでのセラミックのみを使った治療よりもリーズナブルに白い歯の回復を可能にしています。歯を削る量を少なくでき、削ってすぐに詰められるので再感染リスクも抑えられます。また、治療が1回の通院で完了するため、時間的な負担も少なくなっています。ただし欠損部分が大きい場合には強度が不足するためおすすめできないこともあります。

メリット

  • 歯と同じきれいな白い色をリーズナブルに再現できる
  • 削る量が少なく、すぐ詰めるので接着力が強く、再感染リスクが低い
  • 1回の通院で治療が完了する

デメリット

  • 精密に仕上げるためには高い技術力が必要
  • 隣の歯に接する部分は強度が不足するため破損が起こりやすい
  • 素材や研磨方法に左右されるが、時間経過によって変色する

エステニア

セラミックと歯科用プラスチックのレジンを配合したハイブリッドセラミックスです。コンポジットレジンに比べて変色が少なく、自然な状態を長く保つことが可能です。金属ほどの強度がないため、あまり大きく削った虫歯治療には向きません。なお、目立たない部分に金属を使って強度を持たせることもできます。

メリット

  • 天然歯のように自然で変色も比較的少ない
  • かみ合うほかの歯に悪影響を与えない
  • 自然な噛み心地を回復可能

デメリット

  • 保険適用の金属に比べて強度が劣り、欠けなどの破損が起こる可能性がある

ジルコニア

ジルコニアは審美面・強度・安全面に優れた理想的な歯科治療の素材です。また軽いことから食事や会話も違和感なく楽しむことができます。耐久性、耐食性、耐熱性も高いため、美しく快適な状態を長く保つことが可能です。

メリット

  • 金属の1/3という軽さで、強さと耐久性があるためしっかり噛める
  • 透明感のある自然な美しさを実現できる
  • 金属を使わず体への負担も少ない
  • 耐熱性、耐久性、耐腐食性が極めて高く、高い品質を長く保てる

デメリット

  • 歯を削る量が少し多くなる
  • 強い歯ぎしりがある場合など、まれに割れが起こることがある
  • 費用が比較的高額になってしまう

オールセラミック

すべてセラミックという陶材で作られた詰め物・被せ物です。透明感のある自然な白さ、強さとしなやかさを兼ね備えた素材で、金属フリーで身体に優しく、変色もほとんど起こりません。

メリット

透明感のある自然な白さが長持ちし、摩耗しにくく傷もつきにくいため口内の清潔を保ちやすくなっています。

デメリット

噛む力が強いなどで割れが起こる可能性があり、保険適用されないので治療費が高額になります。

ゴールド

ゴールドは、天然歯に近い硬さを持っており、しなやかさもあるため、歯との適合性が高いことから長く歯科治療で使われてきた素材です。虫歯の再発率を低く抑えることができ、削る量も最も少なくできます。そのため、噛む力が強い奥歯でも安心して使うことができます。また、他の歯へダメージを与えることもなく、歯ぐきの黒ずみも起こしません。また、欠けや割れ、腐食なども起こさず、安定した素材ですから長く良い状態を保てます。ただし、銀歯ほどではありませんがやや目立ちます。

メリット

  • 最も削る量が少なく、最も虫歯になりにくい
  • 他の歯にダメージを与えない
  • 噛む力が強い場所でも安心して使える

デメリット

  • 白くないのでやや目立つ
  • 保険診療に比べると治療費が高額

ラミネートべニア

歯の形や色を理想の状態にするために、歯の表面を最小限だけ削ってセラミックでできた付け爪のようなシェルを接着するものです。薄いセラミックを強力に接着でき、形や色を自在に作れるため、欠けや隙間の治療にも用いられます。削る部分を最小限にできるため、歯の寿命を保つ治療法としても注目されています。

メリット

  • 歯をほとんど削らずに治療できる
  • ホワイトニングで白くできない歯も理想の白さを実現でき、変色もほとんどない
  • 期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形、隙間、欠けなどをなおすことができる

デメリット

  • 薄くとはいえ削る必要があり、取り外すことができない
  • ホワイトニングよりも高額
  • 歯ぎしりがあるなど噛む力が強くかかると欠けることがある